Gravioはあらゆるデバイスをつなぐエッジインテグレーションプラットフォームです。
小規模から大規模まで柔軟にスケールアップできるエッジコンピューティングを提供します。
概要
Gravioは様々な、センサー、入力デバイス、カメラ、外部サービスAPIに繋げることができます。プログラミングの知識を必要とせず、使いやすさとシンプルさの両面で構築され、強力で柔軟なエッジコンピューティング開発環境と実行環境プラットフォームを提供します。
使いやすいビジュアルインターフェイス

Gravio は直感的でわかりやすいユーザーインターフェイスを中心に構築されています。 Gravioを使用してIoTシステムをセットアップするときに、プログラミングの知識は必要ありません。 設定ソフトウェアであるGravio Studioは、Windows、Mac、iPhoneおよびiPadデバイス上で動作します。

拡張性

小規模なプロトタイプであろうと、大量のセンサーから同時にデータを取り込むことを必要とする本格的な分散システムプロジェクトでも、Gravioはすべての課題に対応するように設計されています。

無償貸出デバイス

エッジコンピューティングを始めたくても、どんなセンサーを使ったらいいのかわからないものです。Gravioはサービスパッケージに無償貸出デバイスを含めて提供しています。Gravio Basicユーザになれば、Gravioサービスで用意されている利用可能なデバイスから複数選択し、無償貸出を受けられます。

エッジコンピューティング

エッジコンピューティングは、中央集権的システムからシステムをより分散させることで、効率、復元力、セキュリティを向上させることができます。Gravioは集中型クラウドだけでなく、ネットワークのエッジでデータを処理することで、様々な課題を解決したいと考えています。

エッジコンピューティングとは?
現在のトレンドはクラウドコンピューティングが主流です。 しかし、将来はエッジ・コンピューティングとの連携によってシステムは構築されていくでしょう。すべてのデータを一元的にクラウドに接続して転送するのではなく、データの大部分がデータが生成されるネットワークのエッジでローカルに処理されます。 このアプローチにより、システムはより速く、より弾力性を持たせ、データをより安全に保ちます。 エッジコンピューティングの優れた例は、接続された、スマートな、または自家用車です。 彼らは、ネットワークの「エッジ」、すなわち車内で多くの計算を行う。 すべての車で共有する必要のある重要な情報だけが中央クラウドシステムに送信され、分析され、配信されます。

Cloud Computing

Edge Computing

The Edge servers can be connected efficiently between each other as well as to a cloud system.
画像処理の例:

Edge Computing leverages the power of distributed systems. It allows for more efficiency, resilience and security. Gravio is built on the premise that in the future, systems will process data on the edge of the network rather than in a centralised cloud. For example, Edge Servers will process local image data, extract the necessary information using Artificial Intelligence and discard the image before passing the extracted information on via the internet.

ユースケース
Gravioの優れた汎用性と柔軟性を生かして、様々な異なる状況でGravioを使ってシステムを構築できます。どのようなビジネスを行っていても、ビジネスが生み出すデータを、より効率的に活用することで、将来ビジネスをより成功に導けると考えています。以下に様ザナな例をご紹介します。
Optimise Footfall
Optimise Footfall
スマートショップ&レストラン

一般的に店やレストランでは、店舗内での行動状況、占有率、店舗に来る人の割合、店舗内の環境情報などのデータを分析利用することでビジネスを大きく改善できます。行動状況と店舗内の環境情報などの情報を組み合わせて傾向を特定することは、ビジネス、その戦術にとって極めて重要です。 Gravioは、既存のインフラストラクチャーを簡単にスマートにし、ビジネスを「スマートな場所」に変えるのに役立ちます。

Gather Data
Gather Data
スマートシティ

都市の住居は現在、膨大な量のデータを収集しています。 都市の効率を最適化するには、人、交通、物流の流れを追跡して分析し、情報に基づく意思決定を行うことが重要です。 Gravioのような分散システムは、分散された方法でこの情報を収集し、事前処理された情報を中央のインスタンスに効率的に渡して、後で分析することができます。 Gravioは簡単に導入し、効率的に拡張することができます。

Analyse and Measure Improvements
Analyse and Measure Improvements
ビジネスプロセスの最適化

ビジネスプロセスは、過去数十年ではるかに洗練され複雑になってきました。  Gravioを使用ことで、分散された場所で生成される情報をリアルタイムでその場所で処理し、必要な情報だけをクラウドシステムに送ることで、クラウドインテリジェントシステムの負荷を低減し、クラウドシステムをより効率的に開発・運用できるようになります。

Observe and Alert
Observe and Alert
Predictive Maintenance

生産ラインでの数分の停止でさえ、数千ドルの損失を発生させる可能性があります。 接続されたデバイスやセンサーを使って、障害の発生前に故障を予測することができれば、事前に設備のメンテナンスを行うことができます。Gravioは、データ処理と機械学習の機能と連携することで、必要な情報を適切な関係者にタイムリーに通知したりすることにより、設備の停止を最小限に抑える信頼性の高いシステムを提供することができます。